201808 <<  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   >> 201810

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018年07月24日(火)  by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - - - - -  -

生きた鉄の蛇を飲み込んだ男の話

『生きた鉄の蛇は飲み込んではいけないよ』と繰り返しソロモン王が注意したのに、聞かなかった男は、それを飲み込んでしまいましたとさ。

さて、『生きた鉄の蛇』とはなんぞや?


2018年07月24日(火) 22:22 by black dahlia(黒田りあ) [ Edit ]
cetegory : xx diary - comments(0) - trackbacks(0)  -

吉田茂邸のバラが咲いた

JUGEMテーマ:名所

 

いつのまにか満開になっていた。駐車場の端のバラたち

2017年05月15日(月) 13:12 by black dahlia(黒田りあ) [ Edit ]
cetegory : xx diary - comments(0) - trackbacks(0)  -

Ghost In the Shell観に行った

JUGEMテーマ:最近みた映画

 

字幕版が良かったなあ、と思いつつ吹き替え版でぜんぜんOKでした。

やっぱりいつもの少佐とバトーの声!!

とちょっと感動しつつ、吹き替え版で良かったです。

最初シアターに一人ぽつんだったので、誰も来ないのかと思っていたら、案外7〜8人くらいは観に来ていたと思います。

 

ハリウッド実写版について。

なんだか原作の二次創作映画の出来の良いのをみているようなシナリオ。あっちこっちから原作を切り張りして2時間できれいにしました!的な。ハリウッドの掲げる社会正義のヒーロー像(ヒロイン像?)はけっこうなのだけど、いまいち世界観がきれいすぎて違和感があったり。自分の製造元を打倒してめでたしめでたし、ってのはそのあと義体の確保とか修理とか点検とか、そのへんどうするのよという些細な疑問が残る。細かすぎる指摘なんだろうか、うーん。

総括すると、あとでアニメ版のDVDでも見直して楽しもうかしら、というような映画でした。なんのこっちゃ。

2017年04月21日(金) 17:55 by black dahlia(黒田りあ) [ Edit ]
cetegory : watch - comments(0) - trackbacks(0)  -

大磯城山公園と吉田茂邸地区へまた行ってきた

JUGEMテーマ:名所

シャガ

シャガという花。各所で綺麗に咲いていた。アヤメ科。

 

ところで桜を見に城山公園まで行ったのに、桜が1本もなかった件について。たぶん、探し損ねたと思う。どこかにあるはず……。前を歩いていた団体のおじさんおばさんたちに、つい追従していったら、一番ツライルートどりだった。しかも目当ての桜がない。

 

アセビ

アセビ(馬酔木)。ツツジ科。葉に毒があるんだって、知らなかった。

 

城山公園より西を望む

展望台についた。良い天気ですこと。

近所のセブンイレブンで買っていったペットボトルのお茶を飲む。コンビニもこの陽気で混雑していました。

次は吉田茂邸。

続きを読む >>
2017年04月16日(日) 14:23 by black dahlia(黒田りあ) [ Edit ]
cetegory : xx diary - comments(0) - trackbacks(0)  -

大磯城山公園内の吉田茂邸に行ってきた

JUGEMテーマ:名所

吉田茂邸外門

大磯町がけっこう長い間、再建のための寄付を募集していたところ。中を見に行った。2017年4月から邸内が有料で公開とか聞いた。

 

吉田茂邸内門

内門。

軒先に曲線状の切り欠きがあり、兜の形に似ていることから「兜門」と呼ばれます。
また、サンフランシスコ講和条約締結を記念して建てられたことから、別名「講和条約門」とも言われています。

吉田茂邸

吉田茂邸。

旧吉田茂邸は、吉田茂の養父、吉田健三氏が、明治十七年に別荘として建築したもので、その後、増改築を重ね、吉田茂が昭和十九年頃から、その生涯を閉じる昭和四十二年、八十九歳までを過ごした邸宅でした。
豪壮で近代的な数寄屋檜作りの本邸は、建築家吉田五十八氏の設計のもと、京都の宮大工により建築されました。

続きを読む >>
2017年03月22日(水) 13:20 by black dahlia(黒田りあ) [ Edit ]
cetegory : xx diary - comments(0) - trackbacks(0)  -